人間環境大学

松山看護学部 看護学科

カリキュラム

時代が求める看護教育を統合した最先端のカリキュラム

4年間の成長ステップ

健康と看護について
深く探究するための基礎力を養います
豊かな人間性や教養を養うための基礎科目や「解剖生理学」「生化学」「微生物学」などの専門基礎科目によって看護における専門基礎の形成を目指します。そして、基盤看護学の講義を通して、各領域の看護学の基盤となる基礎知識と技術を身につけます。
基礎から専門につながる学習によって
看護学に関する専門性を深めます
基盤看護学のほか、小児・母性・成人・高齢者・国際・精神・地域・在宅といった各看護学の概要について、基礎科目や専門基礎科目と関連させながら学び、将来のキャリア像を見据えた主体的な学習を目指します。
理論と実践の統合を目指した
臨地実習を中心に看護を実践的に学びます
各領域の専門性を活かした講義・演習・臨地実習が連動する授業が中心となります。病院や在宅で療養し、さまざまな状況にある対象者に必要な看護を判断し、ケアに結びつけ評価するプロセスを実践的に学びます。
4年間の学びの集大成として将来のキャリアの
方向性を定め確かな力を身につけます
看護専門職としての自覚と倫理観をもち、ヒューマンケアの実践に向けた集大成を目指します。多彩な選択肢から自分が選んだプログラムやコースで専門性を高めます。さらに、グローバルな視野をもって社会貢献できる力を養うとともに、看護師国家資格の取得を目指します。

Close Up Study

  • 医療キャリアの基礎(1年次)

    将来のキャリア形成のために
    必要な考え方や看護職の基本的な
    仕事内容を学びます

    将来、医療人として成長していくための生涯プロセスのあり方を理解し、看護師、保健師、助産師になるための道筋や教育の仕組み、さらに具体的な看護職の活動内容を学び、大学入学後早期より自分自身のキャリア設計を描いていきます。

  • 看護学原論Ⅰ(1年次)

    看護の歴史的発展過程や
    主な看護理論から看護の対象、
    看護の役割・機能について理解します

    看護活動の対象である人間を、成長・発達、ライフサイクル、生活主体としての側面から理解し、ニーズの充足と自立、適応に焦点を当てた看護活動について学び、看護専門職としての看護の対象に向き合うための基本的知識・態度を培います。

  • 生と死のケア演習(2年次)

    生活や生の営みに看護として寄り添うことや
    患者の意見を代弁する"アドボケイト"としての在り方を学びます

    人生で遭遇する病いや死をも視野に入れた人間の一生を考えた時、医療の現場においては、人それぞれの価値観や倫理観が「生きることの意味」や、いのち・生活・人生を問うことにつながってくることを考えます。そして学生自身の「生死観」を醸成します。

  • 災害看護学(3年次)

    災害が社会や地域の人々の暮らしと
    密接に関係しながら、人々の健康や
    生活に影響を及ぼすことを理解します

    自然災害の種類について理解を深め、防災意識の向上およびその対策を考察。また、災害サイクルにおける被災者の健康や生活ニーズに応じた看護職の果たすべき役割を学び、災害時におけるトリアージ、こころのケアについて学内模擬演習により学びます。

  • 地域・在宅看護学実習Ⅰ(1年次)

    地域で生活する人の健康と生活を統合的に理解し、自立支援に向けた地域包括ケアシステムの概要を学びます

    1年次の早期から地域の高齢者と関わり、地域・在宅看護学概論で学んだ知識をもとに、健康で生活するための支援やその意味について考え、今後の学習へとつなげます。

  • 保健看護情報学(ICT)(3年次)

    看護職者にとって「情報」とは何か、
    またその「いかし方」と「まもり方」を
    学びます

    データベース、統計解析、データマイニングなどの分析技術を用いてどのように処理され、情報として伝達されるかを学びます。そして、電子カルテシステム等を用いて情報を求めている人々を支援するために必要なスキルを習得します。

カリキュラム

グレーの枠線内をスクロールさせると、表全体を見ることができます。

  • OPEN CAMPUS
  • 松山OC交通費補助・無料宿泊
  • 松山2学部 一人暮らしサポート
  • 資料請求
  • 資料請求
  • ONLINE OPEN CAMPUS
  • デジタルパンフレット
  • 教員免許状更新講習
  • 臨地実習指導者講習会(大府)