人間環境大学

人間環境大学

人間環境学部 心理学科

人のこころの仕組みを学び、
実社会で活かす

心理学科がめざす将来像

こころの仕組みを学び、実社会で活かす

TOPICS01

実践の場で活かせる"役立つ心理学"

「こころ」の仕組みや働きを学び、社会のさまざまな場面で活躍できる力を養います

心理学は「こころ」のメカニズムを科学的に研究する学問です。なぜ、人には「こころ」が存在し「こころ」のありようによって、気分や感情などが変化するのでしょうか。このような「なぜ?」を突き詰めて理解することが、社会のあらゆる問題や状況の解決につながります。心理学の学びによって身につけた知識や経験は、実社会のさまざまなフィールドや状況に応じた場面で活躍するための土台になります。

TOPICS02

「臨床心理士」「公認心理師」のダブル取得

に向けた万全のサポート体制が整っています!

入学時より臨床心理士・公認心理師資格を持つ実践経験豊富な教員から学び、大学院進学により、「臨床心理士」「公認心理師」のダブル取得を目指せます。学部・大学院共に公認心理師カリキュラムに対応、最短で受験資格を得ることができます。

※公認心理師の科目には、公認心理師法の規定により担当教員1名当たりの履修者の上限が定められているものがあります。そのような科目では履修者数を制限する予定です。

TOPICS03

注目の司法・犯罪心理学領域

様々な犯罪に関する問題について、背景にある心のメカニズムを理解!

犯罪の発生や再犯の防止、被害に遭った方への対応や被害防止など、犯罪を取り巻く問題はさまざま。犯罪の背景を考えるには個人だけでなく家族や社会の理解、支援を考える際には個人のこころの状態を理解するだけではなく司法制度を学ぶ必要があります。本領域では、さまざまな犯罪に関する問題について、その背景にあるメカニズムを心理学的に理解し、心理学的な知見や援助を犯罪の防止や更生に役立てていくことを学びます。

本領域担当 元家裁調査官 教授 山田 麻紗子

student voice

心理学への扉を開いたきっかけは、
人との関わりに素朴な興味を持ったこと。

高校3年生のときに、当時の先生から「人付き合いが上手だね」と褒めてもらったことがあり、それから人との関わりに興味を持つようになりました。こうした経験から大学で心理学を学ぶことを決心しましたが、心理学の学びの内容については知らないことばかりで、入学当初は不安と期待が入り混じったような複雑な気持ちでした。本学では心理学を基礎からじっくりと学ぶことができ、今では学んだ基礎を応用するなど、日々、自分の成長を感じています。心理学はあらゆる分野で幅広く活用できる学問ですし、また、事例や経験を通じてより実践的な知識も得られるので、興味は深まるばかりです。臨床心理士や公認心理師の資格をもつ先生方も多く、実際の現場での話を聞くことができるのも貴重な経験だと感じています。自分自身についてもっと理解を深めたい人、話を聞くことや話すことが好きな人、疑問に思ったことをじっくり追及したい人は、きっと楽しく学べると思います。

愛知県立豊橋工業高等学校 出身
湯澤 陸さん

目指すのは認知心理学&行動経済学の専門家。
臨床領域をはじめ充実した学習に没頭する日々。

将来は、認知心理学と行動経済学を専門とする研究者になりたいと思っています。明確なきっかけとなったのは、大学1年生のときにダニエル・カーネマン著の『ファスト&スロー』という本を読んだこと。このころから認知心理学と行動経済学を並行して学ぶという今の学びのスタイルができあがりました。「人間環境大学は臨床心理学領域に力を入れている大学だ」というのは、入学する前と後で変わらない印象です。私自身もそうでしたが、心理学の中でも特に臨床心理学に興味がある方には本学はおすすめです。もちろん他の心理学の領域も十分に学ぶことができますし、実習の授業が充実しているのも大きな特徴です。2年生の時点で5種類の心理学の研究法を一通り体験できるというのは、大きなメリットだと思います。そして入学から特に実感しているのは、先生方がフレンドリーで親身に接してくださることです。やはり、何かあったときにすぐ相談できるというのは心強いですね。

私立さくら国際高等学校 出身
中嶋 郁さん

身のまわりに起こるあらゆる出来事に
大きく関わっている心理学の奥深さに夢中。

入学当初はスクールカウンセラーになることが夢でした。しかし、本学でさまざまな心理学の授業を受けて学びが深まるにつれて、臨床心理学だけが心理学ではないということが分かりました。「ふらっとお店に立ち寄って物を買う」「あのCMの曲が頭から離れない...」など、身のまわりに起こる出来事には心理学が大きく関わっていると知り、こうした現象にはどんな効果が関わっているのか、どんなメカニズムによって起こるのか、まだ知られていない効果はあるのか...など、強く関心を持つようになりました。それからは、気になることがあるとすぐに論文を調べたり本を読んだりするのが日課になり、いつの間にか、「大学院でも研究を続けたい」「心の仕組みを明らかにしたい!」と思うようになりました。心理学そのものの面白さに加え、本学には幅広い領域の先生がいるため、本当に自分が興味のあることをとことん追求できる環境があります。先生方との距離も近く、アットホームな雰囲気の中学校や高校の良さをあわせもった大学だと感じています。

静岡県立浜松湖北高等学校 出身
中村 樹さん
  • 特別奨学生入試
  • ONLINE OPEN CAMPUS
  • OPEN CAMPUS
  • 資料請求
  • 心理学科
  • 環境科学科
  • デジタルパンフレット
  • 教員免許状更新講習
  • 臨地実習指導者講習会(大府)

岡崎キャンパス

〒444-3505 愛知県岡崎市本宿町上三本松6-2
TEL:0564-48-7811(代)
岡崎キャンパス

大府キャンパス

〒474-0035 愛知県大府市江端町3-220
TEL:0562-43-0701(代)
大府キャンパス

松山キャンパス

〒790-0005 愛媛県松山市花園町3-6
TEL 089-909-7001(代)
松山キャンパス
資料請求資料請求

JINKAN PICK UP