人間環境大学

人間環境大学

人間環境学部 環境科学科

学べる科目

生態系(動物)領域
動物の生態や行動を通して、野生動物の保全や動物と人間社会の関係を学びます。
生態系(植物)領域
植物の分類や生態、森林保全、都市緑化、農業まで、植物全般の理論と実際を学びます。
物質循環領域
人間社会における環境負荷と自然環境の仕組みとの関係について化学の視点から学びます。
社会環境領域
環境を護るために必要な社会の仕組みを、企業経営・経済・社会の視点から学びます。

4年間の成長ステップ

一般教養、基礎知識を身につけ、
多様な知識に触れる
生態系(動物・植物)、物質循環、社会環境の3領域を広く学習し、各領域の面白さに触れながら基礎知識を身につけ、2年次から始まる専門教育の選択につなげます。
さまざまな専門領域の
教育がスタート
1年次に身につけた基礎知識をもとに、各自の興味や関心に合わせて応用力を高めます。3領域のいずれかを選択し、それぞれの分野の専門的知識を深めます。講義だけでなく、実験・実習などの実践的な授業も始まります。
専門分野の学びを探求し、
スキルとして身につける
少人数制の演習(ゼミ)による、より高度な教育が始まります。文献調査やフィールドワーク、実験、分析などを通して、単に覚えるだけでなく「理解」を伴った知識を獲得します。また、インターンシップなど将来の進路を意識した学びにも取り組みます。
社会の諸問題を自身の視点で調査・
検証し、
卒業論文にまとめる
4 年間の集大成として、卒業研究に取り組みます。ゼミ教員の指導のもと、各自に研究テーマを設定し、専門分野の手法を活かした研究を行います。研究成果は、卒業論文としてまとめます。

授業の特色をクローズアップ!

環境リスク概論

「よくわからない基準」「たぶん常識」を
受け入れていませんか?

リスクとは好ましくないことが起こる可能性で、リスク評価とは管理対策を決めることです。この科目では身の回りのリスクと評価手法を学び、ただ受け入れていたそれらについて、一人ひとりが考えることを目指します。

環境経営

「環境にやさしい」は
現代の企業経営における必須課題

私たちの暮らしの中にある製品を製造している企業にとって、環境経営は必須課題となっています。環境経営の実態と課題について理解を深めるとともに、環境問題に日本の企業がどのように対応してきたかについて学んでいきます。

環境経済学

私たちの経済活動と環境の豊かさの
関係について深い次元で理解する

お金を預ければ自動的に増えていくと多くの人は考えます。しかし、資源の限られた地球上で経済規模が無限に成長することはありえません。本講義では、有限な環境と矛盾しない経済について、お金の基本から考えます。

緑地管理学

緑を健全に保全・管理していくために
必要な知識を学びます。

緑には、私たちの暮らしを支える様々な環境保全機能があります。しかし、乱開発や長期間の放置によって、その機能は失われてしまいます。この授業では、緑を適切に保全・管理するための方法を学び、緑の大切さを考えていきます。

野生動物保全学

人間と野生動物の共存に
本当に必要なことって何だろう

人間と野生動物の望ましい関係を築くには、絶滅が危慎される動物の保護や、被害を与える動物の管理(駆除など)が必要です。野生動物の保護と管理の事例を紹介し、共存に本当に必要なことは何かを考えていきます。

森林と土壌環境での物質循環

足元を見直すことが、
地球環境問題解決への鍵だった!

土壌は人間にとって最も重要な環境要素の一つです。生物活動を中心に、土壌の機能と地球環境との関わりについて学びます。室内での講義と野外での調査とのハイブリッド授業で、実感としての理解を目指します。

カリキュラム

環境問題について、
自然環境と人間社会の両面から向き合い、
持続可能な社会の構築に向けた
提案と実践を行います

グレーの枠線内をスクロールさせると、表全体を見ることができます。

ゼミナール紹介

  • 助教 小谷 博光 社会環境領域

    「自然の護り方」はどうあるべきか地域の目線で考えよう

    「風力発電機設置における騒音問題」「エコツーリズムの観光客増加によるゴミ問題」など、本来自然を護るための活動が、思わぬ事態を引きおこすことがあります。それらを防ぐためには地域事情に合わせた自然の「護り方」を考えなければなりません。当ゼミで学ぶ環境社会学は、フィールドワークを重視する学問です。現場へ出向いて(時にはその土地に住み込んで)聞き取り調査を実施します。当事者の視点から「何が」問題で、「どのように」問題を解決すべきなのかを徹底的に考えます。

  • 准教授 藤井 芳一 物質循環領域

    自然環境の仕組みから人間の生活のあり方まで、正確な化学分析を用いて、さまざまな現象を解明しよう

    当ゼミでは、主に土壌中の物質の動きを知ることに主眼を置いています。土壌生物が土壌中の物質をどのように利用して、他の生物や植物にどのような影響を与えているのかを、実験を交えた調査と、文献値を基にした解析等を併用しながら解明することを目指します。分析によって得られた値を基にさまざまな検討をしていく訳ですが、その値を得るには、適切な器具を用い、適切な手法での測定が必要とされるため、化学分析の基本的技術の指導にも力を入れています。

  • 講師 立脇 隆文 生態系(動物)領域

    野生動物の基礎生態を解明し、人と動物のよりよい共存・共生について考えよう

    当ゼミでは、野生哺乳類など「動物」の生態解明や保護管理への提言を目指した研究を行います。例えば、タヌキの採食特性を明らかにするために糞を探して中身を調べたり、シカの生息状況を明らかにするために自動撮影カメラを設置したり、ロードキル(動物の交通事故死)の実態を明らかにするために清掃局にアンケートをお願いしたり。動物の"今"をていねいに調べて記録することで、動物の生息状況や生態、人への影響の理解を深め、将来の動物の変化にいち早く対応する基盤を作ります。

  • 講師 江口 則和 生態系(植物)領域

    豊かな緑を次世代につないでいくため、自分にできることを考えよう!

    今、日本はかつてないほどの緑に覆われています。山々ではスギやヒノキが大きく育ち、里山では巨大な広葉樹が青々と茂り、都市部でも公園などで緑化が進められています。ですが、この豊かな緑、実は大きな問題を抱えているのです。放置される人工林や里山林が増えたこと、さらにはニホンジカが急増したことで荒廃が目立っています。都市の緑は異常気象や外来昆虫によって被害が増えています。豊かな緑を健全な状態で次世代につなげていくにはどうしたらよいのか。私たちと一緒に考え、問題解決に取り組んでいきましょう。

  • 特別奨学生入試
  • ONLINE OPEN CAMPUS
  • OPEN CAMPUS
  • 資料請求
  • 心理学科
  • 環境科学科
  • デジタルパンフレット
  • 教員免許状更新講習
  • 臨地実習指導者講習会(大府)

岡崎キャンパス

〒444-3505 愛知県岡崎市本宿町上三本松6-2
TEL:0564-48-7811(代)
岡崎キャンパス

大府キャンパス

〒474-0035 愛知県大府市江端町3-220
TEL:0562-43-0701(代)
大府キャンパス

松山キャンパス

〒790-0005 愛媛県松山市花園町3-6
TEL 089-909-7001(代)
松山キャンパス
資料請求資料請求

JINKAN PICK UP