人間環境大学

人間環境大学

人間環境学部 環境科学科

キャンパススケジュール / クラブ&サークル / 学生相談室 / 就職・進路実績 / 就職サポート体制 / 人材育成プログラム / 資格取得一覧 / 就職者の声 / 公務員・教員・大学院合格者の声 / FAQ
自然を理解し、共に高め合う社会を考える

「環境」を農学・化学・社会科学の分野から掘り下げ、
人間と自然との共生・調和をめざし、未来の暮らしを創造する

POINT 01 学び

地球生態系と経済社会のしくみから持続可能な社会の実現を考える

自然環境に与える負荷を最小限にとどめながら、私たちが豊かな生活を送るにはどうすべきなのでしょうか。人間の活動による経済社会システム、つまり社会環境の構築の仕方次第で、自然環境と社会環境はともに豊かになったり貧しくなったりします。環境科学科では、自然環境科目(生態系・物質循環科目)と社会環境科目の両輪で、持続可能な社会の構築に向けた提案と実践のできる人材を育成します。

POINT 02 実験・実習

実験・実習から、身をもって「環境」の知識を得る

環境科学科では、動物や植物の生態学や水質分析化学などの理系領域として地球生態系の仕組みを、環境経済学や環境経営といった文系領域として経済社会環境の仕組みを学ぶことができます。理系領域においてはフィールドワークを中心とした実習科目や実践的な実験科目を、文系領域においてはエコ・フィールド社会実習を3年次に配置し、講義で得た知識に対して現場での調査や実験での検証を行うことで、ただ与えられた知識ではなく自ら調べて理解を経た知識へと昇華させることができます。

POINT 03 進学

大学院に進学して環境のスペシャリストになる道も開ける

環境科学科で講義や実験・実習を通して学ぶ中で、さらに専門領域を究めたいと国公立大学を中心に、大学院に進学する先輩も数多くいます。実際に、大学院修了後、環境のスペシャリストとして県などの自治体や環境調査会社、コンサルタントなどの環境関連企業で卒業生が活躍しています。このように、将来へのステップアップにつながる実践的な学びが得られるのが環境科学科の特徴です。

環境学科の学び

地球生態系の未来を考え、
持続可能な生命環境の
実現をめざします

私たちをとりまく環境が、永続的により良い状態を保っていくためには、私たちは何をすればよいのでしょうか。環境科学科では「自然環境」について学ぶと同時に、人間社会の「経済社会(社会環境)」についても学びます。これは現代の環境問題を考える上で、経済や法律を含めた社会活動を理解し有利に活かすことは必須とも言えるからです。この「自然環境」と「社会環境」の両輪体制の学びが、環境科学科の特色です。

POINT 01設備

普通では触らせてもらえない高度な分析機器群が在学中から思う存分使えます。

研究設備を充実させ、しっかり役立つ知識や技術を学生が4年間で習得できる環境づくりを進める。これは本学開学時に「文理一体型の環境教育」という理念を掲げて以来、伝統のようになっています。

誘導結合プラズマ発光分光分析装置/イオンクロマトグラフ/ 自動連続流れ分析装置/全窒素・全炭素分析装置/土壌水分計/ 群落構造解析装置/スーパーポロメーター

POINT 02学び

フィールドワークを通じた他大学との交流で、多様な視点を身につけ、視野を広げます。

人間環境大学 環境教育センターが中心となり実施している環境教育における大学連携事業の一つとして、人間環境大学、公立鳥取環境大学、京都学園大学、豊橋技術科学大学による共同フィールドワークを行っています。ここでは、琵琶湖の調査や鳥取砂丘の海ゴミ調査を始め、京都大学の公開森林実習との合同開催や、北海道大学和歌山研究林を利用した水質と森林管理の関係を探る実習などを実施。他大学の学生が同じ目的を持って実習に参加するという経験は、他科目にはない充実感を得ることができます。

POINT 03進路

卒業後は環境分野を中心に、さまざまな進路が開かれています。

環境科学科で得た能力は研究職や農業などの環境分野はもちろん、環境問題への解決に向けて熱心に取り組んでいる企業や団体、または市役所などの公的機関でも活用できます。大学院進学を希望する者はさらに専門性を高め、卒業後に環境のスペシャリストとして自治体や環境調査コンサルタントなどの環境関連企業での活躍が見込まれます。

京都大学大学院(農学)/名古屋大学大学院(生命農学)/横浜国立大学大学院(環境情報学府)/千葉大学大学院(自然科学)/静岡大学大学院(農学)/三重大学大学院(農学)/信州大学大学院(農学)/豊橋技術科学大学大学院(工学)/愛媛大学大学院(農学)/京都府立大学大学院(農学)/兵庫県立大学大学院(緑環境景観マネジメント)など

積水ハウス/林テレンプ/松尾製作所/伊藤光学工業/大和化成工業/東海ガス/日本通運/全国のJA/岡崎信用金庫/浜松信用金庫/愛知県警察/東京消防庁/富士宮市役所など

教員からのメッセージ
環境に関する基礎知識がなくても、
卒業時には専門的な学力が身につきます。

長井 正博教授

環境科学科では自然と社会の両環境を広く学ぶとともに、生態系(動物)、生態系(植物)、物質循環、社会環境の4領域のどれかに特化して深く学びます。科学的手法で環境を知り、事実に基づいて論理的に考え、他者に伝える、そうした力を4年間で身につけてください。卒業後は環境関連の大学院進学、一般企業への就職、公務員など活躍の場はさまざま。職場や生活の場で環境問題に関しての説明ができるとともに、環境に配慮した社会のあり方を提言することができます。自分の学びたい環境学が定まっている人も、漠然としている人も、着実に成長することができるでしょう。

在学生からのメッセージ
講義を受け、自然や環境を思いやる
農業に惹かれるようになりました。

人間環境学部 環境コース 3年 岡山県立高松農業高等学校 出身>
山本 早織さん

1年次では農業、環境保全、生態系など「環境」についてさまざまな視点から学び、現在は卒業研究で耕作放棄地を再び農地に戻した時の土の変化を化学分析により解明しています。勉強から就職のことまで、先生や職員の方が徹底的に教えてくださることもJINKANの魅力のひとつ。人との距離が近く、学部の垣根を越えて人と接する機会も多くあり、コミュニケーションの輪が広がります。

環境科学科特設ページで、学科内の4領域をさらに詳しくご紹介しています!
生態系領域(動物)
生態系領域(植物)
物質循環領域
社会環境領域
  • 環境科学科
  • OPEN CAMPUS
  • 資料請求
  • デジタルパンフレット