人間環境大学心理学科

司法・犯罪心理学関連領域

この領域では、さまざまな犯罪に関する問題について、その背景にある心のメカニズムを理解します。

犯罪の発生や再犯の防止、および被害に遭った方への対応や被害防止など、犯罪を取り巻く問題は広い範囲にわたっています。犯罪の背景を考えるには個人だけでなく家族や社会を理解する視点が必要となり、また、支援を考える際には個人の心の状態を理解するだけではなく司法制度を学ぶ必要があります。司法・犯罪心理学関連領域では、さまざまな犯罪に関する問題について、その背景にあるメカニズムを心理学的に理解し、心理学的な援助を少年の更生や社会に役立てていくことを学びます。

この領域の関連授業

コラム 裁判員裁判の裁判員になったとき

平成21年5月から裁判員裁判の制度がスタートし、国民一人ひとりが皆裁判員に選ばれるようになりました。この裁判では、交通違反や窃盗(万引きなど)の普通の人が馴染みやすい事件ではなく、殺人・強盗致死傷・放火などの重大な事件の刑事裁判に、一般の国民が裁判員として参加し、有罪か無罪か、有罪である場合にはどのような刑にするのかを裁判官と一緒に決めることになります。

皆さんは、裁判員裁判 がどのような法廷で行われるのか知っていますか。そこではどんなやり取りをするのか、本当に人を裁いて良いのかどうか、被告人は本当に有罪なのか等など、知らないことばかりで裁判員は難しい問題に直面し、強いストレスに晒されます。

司法・犯罪心理学関連領域のゼミでは、司法や関連する福祉領域について机上の学びだけではなく地方裁判所、家庭裁判所、少年院、刑務所、児童相談所などの見学と現地で担当の職員の話を伺い、学びを深めます。例えば、裁判員裁判の法廷では、実際に裁判員の席に座ることもお願いしています。こうした体験や学びは、将来皆さんが裁判員に選ばれたとき、きっと役立ちます。

めざせる資格

  • 公認心理師(国家資格)
  • 臨床心理士(本学大学院修了後)
  • 認定心理士

卒業後の進路

主な就職先

  • トヨタ自動車(株)
  • アイシン・エイ・ダブリュ(株)
  • (株)デンソー
  • 岡崎市民病院
  • 社会福祉法人愛生福祉会
  • 社会福祉法人愛隣会
  • 豊岡会グループ
  • 西尾市教育委貝会
  • 警視庁
  • 愛知県警察
  • 名古屋鉄道(株)
  • 名古屋市交通局
  • (株)十六銀行
  • (株)第三銀行
  • 東京海上日動火災保険(株)
  • あいおい損害保険(株)
  • イオンリテール(株)
  • (株)イトーヨーカ堂
  • トランスコスモス(株)
  • トヨタカローラ愛知(株)
  • (株)ジェイアール東海パッセンジャーズ
  • ホテルグランコート名古屋
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • サマンサタバサグループ
  • なごや農業協同祖合 など

主な進学先

  • 名古屋大学大学院(環境学研究科・教育発達研究科)
  • 弘前大学大学院(教育学研究科)
  • 宮城教育大学大学院(教育学研究科)
  • 東京学芸大学大学院(教育学研究科)
  • 上越教育大学大学院(教育学研究科)
  • 富山大学大学院(医学薬学研究部)
  • 信州大学大学院(教育学研究科)
  • 鳴門教育大学大学院(学校教育研究科)
  • 静岡県立大学大学院(生活健康科学研究科)
  • 滋賀県立大学大学院(人間文化研究科)
  • 愛知大学大学院(文学研究科)
  • 愛知学院大学大学院(心身科学研究科・文学研究科)
  • 愛知淑徳大学大学院(心理医療科学研究科・コミュニケーション研究科)
  • 日本福祉大学大学院(社会福祉学研究科)
  • 立命館大学大学院(社会学研究科)
  • 人間環境大学大学院(人間環境学研究科)など