人間環境大学

人間環境大学

心理学部 心理学科

学べる科目

4年間の成長ステップ

心理学を学んでいくための
基礎力を養います
「心理学概論」、「心理学研究法」などの授業を通して、これから大学で心理学を学んでいくために必要な基礎知識を身につけます。これらの基礎的な学習は、2年次以降の専門性の高い学習のための基盤になります。
講義や実習から知識と
実践スキルを習得します
専門的な講義によって、「こころの仕組み」をより深く学びます。実習科目では、こころの働きを実際に測定して理解を深め、さらに、分析を行いその結果を報告するというプロセスを通して、3年次以降に必要になる研究の実践力と思考力を身につけます。
こころの問題への理解を深め、
それぞれ関心のある研究テーマを決定します
論文や文献の講読を通して心理学の知識を深め、関心のあるテーマについてプレゼンテーションを行ったり、議論をしたりしながら、自身の研究テーマを選んでいきます。その中で、コミュニケーション力や論理的な思考力も養われます。
4年間の学びの集大成である
卒業論文に取り組みます
調査や観察、実験などの研究手法を用いて、各自の研究テーマを追究し、卒業論文にまとめます。卒業論文を作成する過程では、柔軟な思考力、対応力、批判力、客観性、計画的に実践する力など、さまざまな力が身につきます。

授業の特色をクローズアップ!

心理学とキャリア(1年次)

心理学の学びを将来の
キャリア(就職・進路)につなげる

キャリア発達論の基礎知識の獲得を目指し、大学4年間で学ぶ心理学という学問が将来の職業にどのように活かせるのか、心理学のさまざまな分野の内容の概観と職業の紹介を通じて、学問と社会のつながりについて学んでいきます。

社会・集団・家族心理学(2年次)

人や集団の行動や感情に対する
相互作用や他者の影響について理解する

多くの人やモノに囲まれた生活を送る私たちは、周囲の環境や人々に影響を与え、また周囲から影響を受けながら生きています。私たちの周囲の出来事がどのようなメカニズムで起きるのか心理学的に理解していきます。

心理学ケース研究(3年次)

事例研究を通して心理療法・カウンセリングなど
心理的支援のあり方を考える

カウンセリングや心理療法などの心理的支援を深く学ぶためには、実際にクライエントとかかわっている事例(ケース)について理解することが必要です。事例研究を通して、クライエントのこころの変容にどのように寄り添うか考えていきます。

心理的アセスメント(3年次)

心理検査・心理テストなどから
人のこころの特徴を把握し分析する

悩みなど抱えているクライエントに対する心理的援助の方針を決めていく過程では、そのために必要となる情報の収集、分析が行われます。その中心的なツールが心理検査です。さまざまな検査の実施方法や解釈の仕方、クライエントへの伝え方を学びます。

子どもの心理療法(3年次)

遊びや箱庭を通して、子どもや
思春期のこころのあり様や援助を学ぶ

子どもの心理療法では、遊びや箱庭といった表現を理解しながら支援を行っていきます。また、遊びには、こころの問題を癒したり、こころの成長を促進する作用があります。乳幼児期から思春期までの発達段階に応じた支援を考えていきます。

スクールカウンセリング(3年次)

学校現場の問題であるいじめ・不登校の
理解とカウンセリングの特徴を学ぶ

 いじめ、不登校、貧困、虐待など学校現場を取り巻くさまざまな問題についてその背景要因や理解の方法について学んでいきます。いじめや不登校の予防、教師や保護者との連携と児童生徒への援助など多岐にわたり追究していきます。

カリキュラム

心理的支援の実践と科学的な心理学研究を基盤とし、
専門領域の心理学の学びを深めます

グレーの枠線内をスクロールさせると、表全体を見ることができます。

ゼミナール紹介

  • 教授 髙橋 蔵人 臨床・障害心理学

    人の生き方を学び、こころと人生を豊かにする術を考えよう

    心理療法やカウンセリング、心理検査、家族関係、夢、昔話など、心理臨床に関することを学びます。「こころ」を学ぶことは、人々の生き方を学ぶことであり、1つの正解というものは存在しません。常に吟味し探索していくため、それだけやりがいもひとしおです。

  • 准教授  蔵冨 恵 子ども・発達心理学

    子どもから高齢者までのこころの発達の研究と支援の視点を身につける

    こころの発達には、学習、認知、人格、モチベーションなどさまざまな側面があります。実験や調査を通して、これらの背景にあるメカニズムを明らかにしたり、スクールカウンセリングなどこころの健康への支援やいじめ予防など実践的な研究も行っていきます。

  • 准教授 高橋 誠 対人・社会心理学

    日常で感じている疑問を心理学的に追究します

    ゼミ生の研究の関心は「部活動の人間関係と部活満足度」「大学生のアルバイト経験と心理的自立の関連」など身近な出来事から問題意識につながっています。私たち人間が社会の中で感じる"ちょっとしたこと"について心理学的に考え、議論し、研究にまとめていきます。

  • ONLINE OPEN CAMPUS
  • OPEN CAMPUS
  • 資料請求
  • 環境科学科
  • デジタルパンフレット
  • 教員免許状更新講習
  • 臨地実習指導者講習会(大府)

PICKUP

ピックアップ

附属機関 附属機関

CAMPUS

キャンパス情報

岡崎キャンパス

〒444-3505
愛知県岡崎市本宿町上三本松6-2
TEL:0564-48-7811(代)
岡崎キャンパス

大府キャンパス

〒474-0035
愛知県大府市江端町3-220
TEL:0562-43-0701(代)
大府キャンパス

松山キャンパス

〒790-0005
愛媛県松山市花園町3-6
TEL:089-909-7001(代)
松山キャンパス

松山道後キャンパス

〒790-0825
愛媛県松山市道後樋又9-12
(2022年4月新設)
松山道後キャンパス