人間環境大学環境科学科

「環境科学」で考えるこれからの暮らしのこと

わたしたちの暮らしは、水・土・空気などの物質や動植物の営みからなる自然環境と、
その中で人間が行う活動の結果つくり出される社会環境の上に成り立っています。

自然からの恩恵がなくては人間社会は成り立たず、
また人間の行動は自然にさまざまな影響を与えます。
わたしたちが将来にわたって豊かな生活を送り続けるためには、
どんなことを知り、考えなければいけないのでしょうか?

下のイラストには、そんな自然環境や社会環境について、また両者の関係についてのトピックがまとめられています。
毎日の暮らしと切っても切れない「環境科学」の世界を、のぞいてみてください。

▼黄色の点線で囲まれたエリアにマウスカーソルをのせると、関係するトピックへのリンクが表示されます。

動物園 公園 動物 里山 街 川 山 エネルギー 島

人と動物

緑地・都市緑化

野生動物

里山・農地

産業と経済

河川・湖沼・汽水域

森林

資源・エネルギー

国際協力

人間環境学部 環境科学科では、1年次に自然環境・社会環境の学問の基礎を身に付け、
2年次以降は下の4つの専門領域に分かれて、さらに学びを深めていきます。

▼領域名をクリックすると、それぞれの詳細ページに移動します。