人間環境大学

人間環境大学

人間環境学部 心理学科

キャンパススケジュール / クラブ&サークル / 学生相談室 / 就職・進路実績 / 就職サポート体制 / 人材育成プログラム / 資格取得一覧 / 就職者の声 / 公務員・教員・大学院合格者の声 / FAQ
こころの仕組みを学び、実社会で活かす

対人関係や心の問題を解決する力を身につけ、
実社会でも貢献をめざす

POINT 01 学び

「心理学」の基礎から実践を幅広く学ぶ

心理学では、さまざまな「こころ」の現象のメカニズムについて学ぶとともに、日常の生活において「こころ」の問題と健康をどのように理解し、援助していくのか考えていくことを目指します。実験や調査を通して心の仕組みを学びながら、日常生活における他者とのコミュニケーションや、近年、関心が高まっている教育現場や職場でのメンタルヘルスの問題など、さまざまな事象を科学的、実践的に理解していきます。発達・教育心理学関連領域、社会・産業心理学関連領域、臨床心理学関連領域の各分野における充実した学びを通して現代の「こころ」の問題に対応できる力を養います。

POINT 02 実験・実習

社会と向き合い、自分と向き合う学び

学校や企業で生活していく中で、人間関係は何よりも大切なものです。「どうして人間関係がうまくいくときといかないときがあるのか」などその現象を冷静に見つめ、理解し、対応や援助を考える人材が社会では求められています。実験や心理検査を含む多彩な実習や授業中のワークなどから、人間に起こるさまざまなこころの動きを体験的に学び、自分自身の対人関係や考え方に触れながら、自己理解と他者理解を通して相互理解を深めることができます。そして、社会全体のこころの健康を目指す力を身につけます。

POINT 03 教員

実践経験豊富な教員からの学びが自分の将来につながる

人のこころのメカニズムを探求し、援助することを学んだあとは、幅広い分野においてその学びを活かすことができます。例えば、福祉領域では他者を援助するための基本的姿勢として、一般企業では対人関係スキルやメンタルヘルスの問題への対応に学びが役立ちます。また、病院、学校、企業、児童福祉施設での実践経験豊富な教員から、講義や演習・実習を通して実践的に学ぶことで、社会とのつながりや社会での役割を強く意識しながら学びを深めることができ、社会に役立つ人材としての力が身につきます。さらに大学院等で実習経験を積むことで、公認心理師※1、臨床心理士※2といった心の専門家への道も開けます。

※1 公認心理師国家資格試験受験資格取得に必要なカリキュラムに対応する予定です
※2 本学大学院は臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院です
心理学科の学び

誰もが持つ「こころ」の仕組みを学び、社会の様々なシーンで活用できる力を養います。

心理学を学ぶことは、誰もが持つ「こころ」の仕組みや働きを学ぶこと。なぜ人には「こころ」が存在し、「こころ」の有り様によって、気分や感情などが変化するのか。そんな「なぜ?」を突き詰め理解する事が、社会のあらゆる問題や状況を解決することへと繋がります。心理学を学ぶことによって身につけた知識や経験は、実社会での様々なフィールドや状況に応じた場面で活躍するための土台となる力を持つのです。

POINT 01資格

実習重視の環境や
6年一貫の教育体制など、
心理分野の資格取得に向けた
万全のサポート体制が整っています。

本コースを卒業後、本学大学院へ進学すると2年後の修了時に臨床心理士の受験資格を得られます。優秀な教員陣の厳しい指導のもと、大学附設の臨床心理相談室や学外の精神科病院、精神科クリニック、学校・施設などで積極的に実習を行っていることが大きな理由です。

さらに、2017年施行予定の国家資格「公認心理師」の資格取得に向けても積極的にサポートしていきます。

POINT 02学び

日常生活やビジネスで役立つ
「心理学」について、
実践を交えながら幅広く学びます。

心理学の知識を基礎から学び、実習や調査を通じて専門的な知識やスキルを身につけていきます。現代社会のさまざまなこころの問題にアプローチできるよう、基礎心理学に加え、発達・教育心理学、社会・産業心理学、臨床心理学といった専門的な領域についても、実践的に学んでいきます。群落構造解析装置/スーパーポロメーター

POINT 02学び

「こころ」と「からだ」はひとつ。こころを理解することで活躍できる場は、無限に広がります。

心理学の知識はカウンセリングの現場のみならず、日常生活やビジネスの現場でも活用できます。一般企業、教育機関、医療現場など、環境に合わせたステップアップが期待できます。また、大学院に進学し、臨床心理士などの資格を取得することで、より専門的な知識を要する場での活躍も見込まれます。

社会福祉法人愛生福祉会/社会福祉法人愛隣会/ 豊岡会グループ/岡崎市民病院/西尾市教育委員会/ 警視庁/愛知県警察/トヨタ自動車/ アイシン・エイ・ダブリュ(株)/あいおい損害保険(株)/ 名古屋鉄道(株)/(株)ジェイアール東海パッセンジャーズ/ 十六銀行/東京海上日動火災保険(株)/ トヨタすまいるライフ(株)/マルサン・アイ(株) など

教員からのメッセージ
心理学の学びを実践することで、
自らが望むキャリアを手に入れてください。

臨床心理士
髙橋 昇教授

心理学では心のメカニズムを学び、さまざまな問題に対して理論的・科学的な視点から、どう援助していけばいいのかを解明していきます。ここで実践する心理学的な考え方は、いかなる仕事にも必要とされることです。将来は心理学で得た知識を活かし、心理統計学をもとにした仕事、対人コミュニケーションが必要とされる一般企業などでの仕事、医療福祉関連の仕事など、多彩な活躍の場に溢れています。もちろん大学院に進学して臨床心理士になる道も。大学は器です。4年間で教員や職員も含めた器の中で混じり合い、自分を開花させ、熟成してください。

在学生からのメッセージ
熱心な先生、個性的な仲間たち。
妥協のない環境で、しっかりと学べます。

人間環境学部 心理コース 2年 自由の森学園高等学校 出身>
松下 那由さん

オープンキャンパスに参加し、実際に臨床の現場に立たれている先生方の実践的な授業を魅力的に思いJINKANに入学。社会人の学生も多く在籍していたことも決め手のひとつです。机上の勉強だけではなく、実習で心理学の世界を体験して考えを深めていく楽しさもあります。将来は人との関わりの中で何か役にたてる人になるために、臨床心理士の資格を取得して知識を活かして働きたいです。

  • 環境科学科
  • OPEN CAMPUS
  • 資料請求
  • デジタルパンフレット