人間環境大学

経営コース

お金の流れ、経営の仕組みを学び、金融機関や一般企業で、知識を実践に結びつけられる人になる。

リーマン・ショック、持ち株会社、TPP。聞いたことはあるけれど、意味は分からない。そもそも、株式会社の株式って何?入学前はそんな学生も、金融や企業経営のことを学び始めると「なんだこれ!面白い!」と目の色が変わってきます。私たちが暮らす経済社会は金融によって成り立っています。経済社会を人間の体とすると、お金は血液です。体の中を複雑かつ正確に巡り、健康を維持します。金融はいわば健全な経済社会の見張り役、調整役です。経営コースは「ビジネスの現場で活躍したい」「お金の知識をビジネスで活かしたい」人に最適。お金の流れ、経営の仕組みを学び、金融の知識や経営分析の手法を身につけ、金融機関や一般企業への就職をめざせます。

めざせる就職先・進路

  • 金融業界(銀行/信用金庫/証券会社/保険会社など)
  • 一般企業の経理・財務部門担当者
  • 大学院進学(経営・商学分野/MBAなど)

めざせる専門資格

日商簿記検定(2級/3級)
日本商工会議所が実施。2級・3級に合格すれば、企業の経理を担当したりそれを補助したりする能力を有しているとみなされ、就職に有利になります。
FP検定(2級/3級)
ファイナンシャル・プランニング(FP)とは、顧客の資産状況に応じて貯蓄や投資のプランを立案しアドバイスすることです。

ここが
ポイント!

  1. 私たちが暮らす経済社会を支える金融、経営の仕組みを学べます
  2. 金融の知識や経営分析の手法を身につけ、幅広い分野・業界への就職をめざせます
  3. 日商簿記(2級/3級)やFP検定(2級/3級)の資格取得をめざせます

ここに注目!「就職」

実現可能な目標としての夢を描き、そのために研鑽を積む人間に。

「まじめにコツコツ働けばなんとかなる」は幻想?

日本人は「露骨なお金儲け」や「投資して儲ける」ことを嫌う傾向があります。それは清貧を善しとする日本人独特の美徳なのかも知れません。しかし、私たちを取り巻く経済、生活環境は激変し、生涯年収は目減りを続け、保険や年金制度は今後どうなるかわからず、老後の保障は何もありません。大学生の就職希望先の上位は「銀行・証券・保険業界」です。彼らが高校生の時には考えもしなかった進路を第1希望にするのです。それは他の業界に比べ、生涯年収が多く、自分自身も「投資に取り組みやすい」環境だからです。

「何になりたいか」ではなく「どんな生活をしたいか」

「野球選手やタレントになりたい」「人の役に立つ仕事がしたい」「人と接する仕事がしたい」と思っていた中学生・高校生が大学生になり、自分の一生を意識し、希望する進路の多くが「銀行・証券・保険業界への就職」です。「何になりたいか」という子供っぽい輪郭の甘い夢ではなく、「この先どんな生活をしたいか、どんな一生にしたいか」という現実を見据えた上で、実現可能な目標としての夢を描き、そのために研鑽を積むことを厭わない。そんな人間になってほしい。それは人環大の経営コースの願いでもあります。

株式投資を在学中に始めた学生もいます

経営コースでは「企業会計」「株式投資」などの理論をぼんやり学ぶのではなく、優秀な銀行マン並のスキルを身につけるべく、徹底的に学びます。勉強の一環として、大怪我をしない範囲で、株式投資を在学中に始めた学生もいます。それを咎めたり、批判する者はここにはいません。

就職有利な「簿記」「ファイナンシャルプランナー」

また、通常は就職後にキャリアアップのため四苦八苦して取得をめざす「簿記」「ファイナンシャルプランナー」資格の在学中取得をめざせるカリキュラムを組んでいます。取得者は就職後、他の同期入社社員を何十歩もリードしたポジションから、仕事に取り組めます。

卒業後の人生を充実させたいなら、経営コース

経営コースの学生は、一人の大人として劇的に成長する傾向があります。あなたも、そろそろ本気で自分の人生を考えてみませんか。

経営コースの魅力

学生の声

  • そこそこの自主性と忍耐力のある人なら、経営コースで過ごす時間は劇的な成長に導いてくれます。卒業後の人生を充実させたいなら、経営コースで間違いないです。
  • 経営コースの授業はすべてがリンクしているので、学べば学ぶほど面白くなる、楽しくなる。少しずつレベルアップしていき、簿記、FPなどの資格取得をめざせます。
  • 経営学は難しそうだったが、学んでみるとさほど難しくなく、経営の知識が増えると自分の世界も広がっていく感じ。経営の知識は就活の大きな武器になりそうです。

教員から

企業の仕組みと経済を学び、ビジネスで必要な知識を身につける

奥田 栄 教授
東京工業大学大学院理工学研究科 博士課程単位取得満期退学、東京大学教養学部非常勤講師

経営学の基礎知識に加え、企業の業績を知るために必要な会計の知識や経営分析の技能を習得します。就職活動に役立つ知識のため、何とか学生に理解してもらおうと様々な例を考えて授業をし、学生が「なるほど!」という表情をする瞬間が私の楽しみの一つです。

このページの先頭に戻る