人間環境大学

人間環境大学

大学院 人間環境学研究科

専門科目ピックアップ

人間環境 研究指導分野

環境経済学演習、特論

担当教員 山根卓二 教授

環境および経済に関わるいくつかの思想(功利主義、経済自由主義など)について検討する。特に、それぞれの思想がどの時代のどんな人物によって構築されたのかを探り、(1)それが現代の経済問題や環境問題を認識したり評価したりするのにどこまで有効であるか、(2)われわれがイデオロギーに陥らないためにはどうすればよいか、などについて議論する。

環境リスク管理演習及び実習、特論

担当教員 守村敦郎 教授

生態系サービスを最大限活用し、災害リスクや生活上のリスクを回避、あるいは軽減するための環境リスク管理の理論と方策について、地域をはじめとする空間を「景観要素の不均一な場」としてとらえ、そのパターンとプロセスが生物ならびに生態系に与える影響を検討し適切な土地利用のあり方を提言する景観生態学の立場から考える。

財務会計演習、特論

担当教員 磯貝 明 教授

会計情報拡大の中での財務会計における情報提供機能を重視し、企業の環境活動を認識・測定・伝達するうえでの諸問題を総合的、体系的に論及する。さらに環境報告書をとりあげ、環境情報開示の実態を把握し、環境会計システムの構築及び会計基準の整備における今後の課題について考察する。

環境分析化学演習及び実験、特論

担当教員 長井正博 教授

地球環境は気圏、水圏、岩石圏、生物圏から構成されているとの観点から、地球環境中の化学種の分布と動態について考える。具体的には、ケイ酸やリン酸、鉄などをとりあげ、海水や湖水中におけるこれらの化学種の挙動を、化学的な側面、特に固液分配に注目してみていく。

臨床心理 研究指導分野

臨床心理学特論

担当教員 渡辺雄三 教授

臨床心理士として必要不可欠な臨床心理学の理論を学ぶ。精神病院や精神科クリニック等の病院心理臨床を始めとして、さまざまな臨床現場において通用する、心理面接・心理療法・心理査定の理論と技法とを学習する。また臨床心理士の基本的な臨床姿勢と倫理について、他の研究論文や実際の事例にも触れながら学ぶ。

臨床心理面接特論

担当教員 伊藤義美 教授髙橋蔵人 准教授

臨床心理面接を行うにあたっての基本的態度特に倫理への理解を深め、心理面接を通しての人格変容に触れることにより、心理臨床実践への動機づけを高めることを目的とする。具体的には心理療法に関する各種理論を学び、担当教員の自験例や公表事例を検討することにより、理論が実践にどのように生かされるかについて理解を深める。

臨床心理基礎実習

担当教員 伊藤義美 教授 / 三後美紀 准教授 / 鈴木美樹江 講師 / 坂本真也 講師

心理面接を行うために必要な基本的態度や倫理の問題に関する理解を深め、面接の各技法を体験的に理解することを目的とする。心理面接を行うにあたっても基礎となる「聴くこと」と「応答すること」についてロールプレイを行ってカウンセラーとしての基本的態度の涵養をはかり、遊戯療法や箱庭療法についてはビデオ視聴や制作実習を行い、実践力を養う。

臨床心理実習

担当教員 渡辺雄三 教授 / 髙橋蔵人 准教授 / 田中史子 講師

臨床心理士として現場で働くために必要な、一人一人のクライエント(患者)に即した、臨床心理学的査定(見立て、診断、方針)と臨床心理学的援助方法(カウンセリング・心理療法)とを、実際のケースを通して学び、習得する。

  • OPEN CAMPUS
  • 資料請求
  • 心理学科
  • 環境科学科
  • デジタルパンフレット

岡崎キャンパス

〒444-3505 愛知県岡崎市本宿町上三本松6-2
TEL:0564-48-7811(代)
岡崎キャンパス

大府キャンパス

〒474-0035 愛知県大府市江端町3-220
TEL:0562-43-0701(代)
大府キャンパス

松山キャンパス

〒790-0003 愛媛県松山市花園町3-6
TEL 089-909-7001(代)
松山キャンパス
資料請求資料請求

JINKAN PICK UP

  • 人間環境学部 オープンキャンパス
  • 人間環境学部 オープンキャンパス
  • 松山看護学部 オープンキャンパス
  • 人間環境学部 オープンキャンパス
  • 看護学部 オープンキャンパス
  • 松山看護学部 オープンキャンパス
  • 人間環境学部 オープンキャンパス
  • 看護学部 オープンキャンパス
  • 人間環境学部 オープンキャンパス
  • 平成29年4月
  • 心理学科 特設ページ
  • 環境科学科 特設ページ
  • 外国人留学生支援制度